▶YouTube『知床旅情』加藤登紀子/『涙そうそう』夏川りみ&森山良子

Posted by Siori  11.2014 邦楽(女性)   1 comments
  


   ほんとうに、久しぶりになりますが ...

   秋の気配とともに、私の大好きだった日本の名曲をご紹介致します。


   


   初めて耳にした頃は

   知床がどこにあるのかは勿論、森繁久彌さんの作品であることも知らずに ... (^^;)

   暫くは、加藤登紀子さんの作品と勘違いをしたまま聴いておりました。

   『知床旅情』は、森繁久彌さんが作詞、作曲を手がけ1960年に発表 ...


   


   その後、加藤登紀子さんが取り上げた1970年のアルバムからのシングルカット盤が

   翌年のオリコンヒットチャートで7週連続の1位(年間2位)を記録。

   その年の紅白に初出場し、第13回日本コード大賞・歌唱賞を受賞しているとのことでした。


   


   また、1975年3月にはNHKホールに於いて、昭和天皇と香淳皇后を招いて挙行された

   『記念式典』で、森繁久彌さんご自身の歌唱で披露されているそうですね。


   


  


   もう一曲と探してみましたが、適当な曲が見つけられず、私のお気に入りの曲でもあり

   以前リクエストのあった、夏川りみさんの『涙そうそう』を再upすることを思い立ちました。


   


   2001年当時、私も夏川りみさんの透き通る美しい歌声に聴き入り、シングルCDと

   その後発売された、アルバム『SINGLE COLLECTION Vol.1』を購入しました。


   


  


   『涙そうそう』が、1998年に森山良子さんの作詞と

   BEGINの作曲によって制作された楽曲であることを当時、知らずにおりまして .....

   今回、ステキな動画作品も見つかりましたので、聴いてみたいと思います。


      [top記事へ戻る]

▶YouTube『Nervous in the Light of Dawn』/『Along the Wall』リー・ナッシュ(Leigh Nash)

Posted by Siori  24.2014 洋楽(女性)   0 comments
  


   ロックバンドのヴォーカリストとは思えない優しい歌声に、心癒されます。

   悲しい事件に、悲惨な大災害 ・・・

   語れる言葉も無く、怒りにも似た悲しみに暮れておりました。

   命を蔑(ナイガシ)ろにした政策、進歩は思いも寄らない大きな犠牲に繋がると考えます。


   


   Leigh Nash リー・ナッシュ

   1976年6月27日  アメリカ合衆国出身

   クリスチャンロックバンド、Sixpence None the Richer

   [シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー] のヴォーカリスト


   


   Sixpence None the Richer [シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー] は

   1990年にギタリストのマット・スローカムが、教会のリトリートといわれる修養会で

   歌手リー・ナッシュに出会ったことで、テキサス州のニューブラウンフェルスで結成された。


   


  


     [top記事へ戻る]

▶YouTube『Torn Between Two Lovers』/『SAYONARA』メアリー・マックレガー

Posted by Siori  06.2014 洋楽(女性)   0 comments
  


   たまたま出合った美しい歌声

   メアリー・マックレガーの 『Torn Between Two Lovers ~過ぎし日の想い出~』 は

   全米1位となる大ヒットを記録したという、彼女の1976年のデビュー曲だそうです。


   


   連日の猛暑のなか、更新が滞っているにもかかわらず

   ご訪問いただきありがとうございます。

   また、大気の状態が不安定になっている影響で

   大雨などによる災害や被害が連日報道されており

   心より、お見舞い申し上げます。


  


   「メアリー・マックレガー」での情報が入手できず、web検索で目にした情報から、

   1981年当時、日本でブームを巻き起こしていたアニメ


   


   ( 『銀河鉄道999』 の劇場版第2作目となる )

   『さよなら銀河鉄道999』 のメインテーマ曲、『SAYONARA』 を担当

   [作詞、作曲、歌唱] していたことが分かりました(^^♪


      [top記事へ戻る]

関連記事

▶YouTube SmoothJazz『It's Time』kool&klean/『Japanese SmoothJazz』小林香織

Posted by Siori  29.2014 歌のない音楽   0 comments
  


   


   今年も   一足早く

   暑中  お見舞い  申し上げます


   


   kool & klean (クール・アンド・クリーン) 

   ウクライナ出身のサックス奏者


  


   小林  香織

   1981年10月20日、神奈川生まれの東京育ち。

   ジャズ、フュージョンミュージシャンとして05年、アルバム 『Solar』 でデビュー。


   


   アルトサクソフォーン&フルート奏者の新星として

   ジャズの世界で注目されている ... そうです (v^ー゚)


  


   昨年もこの時期、Smooth Jazz 特集 をupしておりました^:^)

   今年は冷夏の予報が出ていたようですが ...

   毎年、暑さも早まり、厳しさも増しているように感じます。

   くれぐれも、ご自愛ください。


      [top記事へ戻る]
 

▶YouTube『Colors of the Wind』ヴァネッサ・ウィリアムス/『A Whiter Shade of Pale』サラ・ブライトマン

Posted by Siori  20.2014 洋楽(女性)   0 comments
  


   Vanessa Lynn Williams (ヴァネッサ・リン・ウィリアムス)

    *1963年3月18日、アメリカ合衆国出身 (&B、ポップ、ミュージカルシンガー、女優)


   1994年4月15日に公開されたウォルト・ディズニー製作のアニメ映画 

   『ポカホンタス (Pocahontas)』 の主題歌 『Colors of the Wind』 は


   


   第68回のアカデミー賞や、1996年のゴールデングローブ賞主題歌賞を受賞し

   ヴァネッサ・ウィリアムスの歌唱によるバージョン (サウンドトラックに収録) は

   米ビルボード誌の【Hot 100】で4位まで上昇するヒットを記録した。


   


   ビルボードの全米シングル&R&B部門で第一位に輝いた代表作、 

   『セイヴ・ザ・ベスト・フォー・ラスト』 を初め、各国で数々の作品が トップ10に輝き

   <1983年のミスコンテストでアフリカ系アメリカ人としては初となるミスアメリカ に輝き>

   歴史的快挙を成し遂げたことは、全米のみならず世界的に著名。


   


   容姿端麗で、野生味溢れる優れた演技力も持ち

   アーノルド・シュワルツェネッガーと共演した 『イレイザー』 を初め

   数々の映画やテレビドラマ、ミュージカルに出演するなど、

   女優としても、シンガーとしても成功を収めた女性アーティストの一人。


   


  


   こちらは、『Colors of the Wind』 を視聴している時にたまたま、関連動画の中で聴いた

   私の大のお気に入りの楽曲、プロコルハルムの 『青い影』 のカヴァー曲になります。

   甘く哀愁のある歌声と、モノクロの哀愁のある作品も申し分なく、upすることに致しました。


   


   サラ・ブライトマン (Sarah Brightman)  1960年8月14日  イギリス出身 

   1980年代、ミュージカル女優として輝かしい成功を収め、1990年代以降は

   クラシックとポップスを融合した、独自の音楽スタイルでソロ歌手として活動を続け

   米国に於いて、クラシックミュージック部門とダンスミュージック部門で

   同時に1位を獲得した、唯一のアーティスト。


    


   『青い影(A Whiter Shade of Pale)』 プロコル・ハルム(2013/1/1)

   『青い影』 については、2013年1月1日に投稿した上の作品に簡単に記してありますので

   省略させていただきますが、宜しければまた、聴いていただけると嬉しいです♪

  
     [top記事へ戻る]


Calendar

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

おきてがみ

おきてがみ

いつもありがとうございます♪

最新記事30スクロール

▶YouTube『知床旅情』加藤登紀子/『涙そうそう』夏川りみ&森山良子 (09/11)

▶YouTube『Nervous in the Light of Dawn』/『Along the Wall』リー・ナッシュ(Leigh Nash) (08/24)

▶YouTube『Torn Between Two Lovers』/『SAYONARA』メアリー・マックレガー (08/06)

▶YouTube SmoothJazz『It's Time』kool&klean/『Japanese SmoothJazz』小林香織 (06/29)

▶YouTube『Colors of the Wind』ヴァネッサ・ウィリアムス/『A Whiter Shade of Pale』サラ・ブライトマン (05/20)

▶YouTube『Let It Be Me』/『Bye Bye Love』 Phil Everly(エバリー・ブラザース) (05/07)

▶YouTube『Keep Holding On』『When You're Gone』『Wish You Were Here』アヴリル・ラヴィーン (04/20)

▶YouTube 『ハート悲しく』マーティ・バリン『愛はとまらない』スターシップ (04/10)

▶YouTube『lost in your eyes』Deborah Gibson(デボラ・ギブソン) (03/11)

▶YouTube『Take me home Country Roads 』 ジョン・デンバー&オリビア・ニュートン・ジョン (01/28)

▶YouTube 『Everybody Hurts』 R.E.M.(アール・イー・エム) (01/11)

▶YouTube 『Silencio』 Beethoven(ベートーヴェン) (01/01)

▶YouTube『道化師のソネット』松浦亜弥 (12/24)

▶YouTube『The Christmas Shoes』/『One True God 』 Newsong (12/10)

▶YouTube『Take On Me』 a-ha/『Marry You』『Just The Way You Are』Bruno Mars (11/28)

▶YouTube『哀しみの終わりに』/『哀愁のアダージョ 』/『愛のために死す』レーモン・ルフェーブル  (11/16)

▶YouTube『Because You Loved Me』/『My heart will go on 』セリーヌ・ディオン (11/03)

▶YouTube『ボクノート』スキマスイッチ/『奇跡』スガ シカオ (10/20)

▶YouTube『1973』/『No Tears』/『These are the words』ジェームス・ブラント (10/05)

▶YouTube『Octopus's Garden』/『Fool on the Hill』/『No Reply』/『Here, there and everywhere』ビートルズ (09/22)

▶YouTube『Holding Out for a Hero』(ヒーロー)ボニー・タイラー (09/13)

▶YouTube『Listen To Your Heart』『I call your Name』『It Must Have Been Love』ロクセット (09/04)

▶YouTube『Seven Secrets』オマー・アクラム/『The way we were』ケリーG (08/22)

▶YouTube『Smile』/『For The First Time』/『Have I Told You Lately』ロッド・スチュワート (08/13)

▶YouTube『I Like Chopin』ガゼボ/『 Forever Young』『Dance with Me』アルファヴィル (08/04)

▶YouTube『Have You Ever Seen the Rain?(雨を見たかい)』ジョン・フォガティ(CCR)/『Lost In Love』『all out of love』エア・サプライ (07/27)

▶YouTube『ライト・ヒアー・ウェイティングリ』チャード・マークス/『涙の口づけ』レターメン/『好きにならずにはいられない』エルヴィス・プレスリー (07/17)

▶YouTube『テネシーワルツ』パティ・ペイジ/『More』&『この世の果てまで 』ジュリー・ロンドン (07/07)

▶YouTube『Smooth Guitar Jazz』/『Best smooth jazz』/『smooth Piano jazz』 (06/27)

▶YouTube『喝采』ちあきなおみ/『二人でお酒を』 梓 みちよ/『長崎ブルース』青江三奈 (06/07)

gooブログ

月別アーカイブ&カテゴリ

 

全ての記事を表示する

  

profil

Author:Siori
神奈川県出身

*画像をクリックして頂くと別窓で開きます

マーティ・バリン
『ハート悲しく』/『愛はとまらない』
Deborah Gibson
(デボラ・ギブソン)『lost in your eyes』
『Take me home Country Roads 』 ジョン・デンバー&オリビア・ニュートン・ジョン
R.E.M.(アール・イー・エム)
『Everybody Hurts』
松浦亜弥
『道化師のソネット』
Newsong (ニューソング)
『The Christmas Shoes』/『One True God』
『Take On Me』 a-ha
『Marry You』/『Just The Way You Are』ブルーノ・マーズ 
レーモン・ルフェーブル
『哀しみの終わりに』/『哀愁のアダージョ 』/『愛のために死す』
セリーヌ・ディオン
『Because You Loved Me』/『My heart will go on』

『ボクノート』スキマスイッチ/『奇跡』スガ シカオ
ジェームス・ブラント
『1973』/『No Tears』/『These are the words』
ビートルズ
『Octopus's Garden』/『Fool on the Hill』/『No Reply』/『Here, there and everywhere』
ボニー・タイラー
『Holding Out for a Hero』(ヒーロー)
ロクセット
『Listen To Your Heart』/『I call your Name』
Jazz
『Seven Secrets』オマー・アクラム/『The way we were』 kenny G
ロッド・スチュワート
『Smile』/『I Don't Want To Talk About It』/『For The First Time』

『I Like Chopin』ガゼボ/『 Forever Young』/『Dance with Me』アルファヴィル

『雨を見たかい』ジョン・フォガティ(CCR) 『Lost In Love』/『all out of love』エア・サプライ

『ライト・ヒアー・ウェイティングリ』チャード・マークス/『涙の口づけ』レターメン/『好きにならずにはいられない』エルヴィス・プレスリー

『テネシーワルツ』パティ・ペイジ 『More』/『この世の果てまで』ジュリー・ロンドン

Best smooth jazz

『喝采』ちあきなおみ/『二人でお酒を』梓みちよ/『長崎ブルース』青江三奈
チェッカーズ
『涙のリクエスト』/『星屑のステージ』/『ジュリアに傷心』

『花はどこへ行った』/『500マイルも離れて』/『ワインより甘いキス』
テイラー・スウィフト
『Cold As You』/『Haunted』/『Story of Us』
安全地帯
『マスカレード』/『月に濡れたふたり』/『エイジ』
パトリシア・カース
『Love Story』/『If You Go Away』
ZONE
『君がくれたもの』/『なごり雪』イルカ
DEEN
『このまま君だけを奪い去りたい』/『ひとりじゃない』
ホイットニー・ヒューストン
『I Look to You』/『All at once』/『I Have Nothing』
ポール・モリア
『ロミオとジュリエット』/『シバの女王』/『シェルブールの雨傘』
キナ・グラニス
『Valentine』/『In Your Arms』
マイリー・サイラス
『See You Again』/『GOOD BYE』/『The Climb』
謹賀新年
『青い影』アニー・レノックス&プロコルハルム
鬼束ちひろ
『眩暈』/『月光』
『禁じられた遊び』
ナルシソ・イエペス & 村冶佳織  
オアシス
『ザ・マスタープラン』/『I'm Outta Time』/『Don't Go Away』
ディオンヌ・ワーウィック
『All the Love in the World』/『愛のハーモニー』/『ハートブレイカー』
テレサ・テン
『つぐない』/『愛人』/『空港』
中森明菜
『難破船』/『セカンド・ラブ』/『北ウイング』
尾崎紀世彦
『ゴットファーザー~愛のテーマ』/『雪が降る』/『また逢う日まで』
グロリア・ゲイナー
『恋のサバイバル』
宗次郎
『道』/『赤とんぼ』/『荒城の月』
スクリーンミュージック
『風と共に去りぬ』/『ゴッドファーザー』
いきものがかり
『歩いていこう』/『いつだって僕らは』
ビリー・ジョエル
『PIANO MAN』

『悲しき天使』メリー・ホプキン/『ロコ・モーション』カイリー・ミノーグ
キャロル・キング
『きみの友だち』
ロンドン五輪
『炎のランナー』ヴァンゲリス 
~安らぎの音楽~ 
オマー・アクラム

『If We Hold On Together』ダイアナ・ロス/『Again』ジャネット・ジャクソン 
BoA
『まもりたい』/『永遠』/『Winter Love』

『昴』谷村新司/『ルビーの指環』寺尾聰/『街の灯り』堺正章
福山雅治
『桜坂』/『ひまわり』
ゆず
『夏色』/『栄光の架橋』/『虹』
『愛はとまらない』スターシップ/『素直になれなくて』バリー・マニロウ&シカゴ
斎藤和義
『ずっと好きだった』/『歩いて帰ろう』
ビートルズ
『Anna』/『エリナ・リグビー』/『Please Mr. Postman』『All I've Got To Do』
マライア・キャリー
『Without You』/『HERO』/『When You Believe』

『風のララバイ』アルバート・ハモンド/『You changed my life in a moment』ジャニー・フリッキー
ミスター・チルドレン
『Tomorrow never knows』/『HANABI』/『CROSS ROAD』
ビージーズ
『メロディフェア』/『若葉のころ
カーペンターズ
『青春の輝き』/『top of the world』/『Yesterday Once More』

『愛しき日々』堀内孝雄/『案山子』さだまさし/『神田川』かぐや姫
YUI(唯)
『again』/『feel my soul ~2012 ver.~』
松山千春
『長い夜』/『大空と大地の中で』/『恋』

『サボテンの花』チューリップ/『人として』海援隊
Kenny G
『Paradise』/『You´re Beautiful』
鈴木雅之
『別れの街』/『ガラス越しに消えた夏』

『明日への扉』川嶋あい/『ZUTTO』永井真理子
ジョージ・ハリスン
『SOMETHING』/『HERE COMES THE SUN』
ジャニス・イアン
『YOU ARE LOVE』/『恋は盲目』/『Will You Dance』

『You Raise Me Up』ケルティック・ウーマン/『トリノ五輪2006』荒川静香/『I believe』絢香
イーグルス
『Desperado』/『Love Will Keep Us Alive』/『Hotel California』/『Take It To The Limit』
浜田省吾
『路地裏の少年』/『悲しみは雪のように』/『19のままさ』
酒井法子
『碧いうさぎ』
迎春
『ふじの山』

『ふるさと』/『母さんの歌』/『蛍の光』

『明日に架ける橋』サイモン&ガーファンクル/『イマジン』ジョン・レノン

『Your Song』エルトン・ジョン/『Honesty』ビリー・ジョエル
大沢登志幸
『そして僕は途方に暮れる』
クールファイブ
『中の島ブルース』/『東京砂漠』/『長崎は今日も雨だった』
ノラ・ジョーンズ
『Turn Me On』/『Come Away With Me』/『What Am I to You?』
安全地帯
『恋の予感』/『ワインレッドの心』/『悲しみにさようなら』
五輪真弓
『恋人よ』/『時計』/『抱きしめて』
R.Clayderman
『渚のアデリーヌ』/『Lady Di』/『母への手紙』
スピッツ
『渚』/『チェリー』/『スカーレット』
Sting 『Shape Of My Heart』
&『fields of gold』(映画「レオン」)
南佳孝
『モンロー・ウォーク』/『スローなブギにしてくれ』
ホイットニー・ヒューストン
『Greatest love of all』/『すべてをあなたに』/『One Moment In Time』
MISIA
『Everything』/『逢いたくていま』
サイモン&ガーファンクル
『The Boxer』/『コンドルは飛んで行く』
ビージーズ
『Massachusetts』/『Holiday』/『Words』
オフコース
『ワインの匂い』
北原ミレイ
『石狩挽歌』/『ざんげの値打もない』
ビートルズ
『Nowhere Man』/『Across The Universe』

『SOMEDAY』佐野元春/『何も言えなくて・・・夏』J・WARK
徳永英明
『壊れかけのRadio』/『風になりたい』
長淵剛
『とんぼ』/『乾杯』

『タッチ』岩崎良美/『ロマンス』岩崎宏美
さだまさし
『風に立つライオン』/『無縁坂
山口百恵
『いい日旅立ち』
ビートルズ
『And I Love Her』/『The Long And Winding Road』

『Stand By Me』 ベン・E・キング & ジョン・レノン
KOKIA
『ありがとう・・・』
マイケル・ジャクソン他多数
『We Are the World』
坂本九
『上を向いて歩こう』/『見上げてごらん夜の星を』
エルビス・プレスリー
『明日に架ける橋』
R・クレイダーマン
『Carta A Mi Madre』/『午後の旅立ち』/『星のセレナーデ』
ボブ・サンクラー
『絵画ゴッホ』(歌のない音楽)
ヘンリー・マンシーニ
映画『ひまわり]』(歌のない音楽)
平原綾香
緒形拳さんの遺作~風のガーデン~『カンパニュラの恋』
沢田研二
『勝手にしやがれ』/『時の過ぎゆくままに』
Berlin
『Take My Breath Away(愛は吐息のように)』
梅沢登美男
『夢芝居』

『木綿のハンカチーフ』太田裕美/『私はピアノ』高田みずえ
アリソン・クラウス
『Buon Compleanno Ilaria』(ハッピーバースデー~イアリア~)

メッセージをどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR